1995年の発売以来、多くの方に愛されてきたモーターアップがグレードアップ!!

ミクロ単位のタングステンを使用したTL2.0 (Tugsten Lubricant 2.0)が金属表面をコーティングすることにより、耐摩耗性能を従来より大幅UP! ベースオイルに航空機エンジンに使用されているエステールと独自のシンセティックオイルをブレンドすることで低温時のエンジン始動性を改善し、 エンジンオイルの劣化を防ぎます。また、あらゆるエンジンオイルに適合しています。

オイル添加剤の主な原料の耐磨耗試験

一般的な二酸化モリブデン添加物と比較しても、モーターアップ2.0に使用しているTL2.0は金属摩耗を50%減少させることが証明されています。摩耗減少によりエンジン効率を向上、ノイズを減少させ、新車の様なエンジンコンディションを保ちます。

超高温時でも摩擦が激減

エンジンオイルが高温になればなるほど、モーターアップ2.0の耐摩耗性能は発揮されます。エンジンに最も負担がかかる時(高回転域・高温時)にエンジン内部を強力保護し、フリクションロスを低減させ、エンジンパフォーマンスを向上させます。